KANSAI ROAD STUDY ASSOCIATION 関西道路研究会

TOP > 調査・研究 > コンクリート構造調査研究委員会

コンクリート構造調査研究委員会

委員長

宮川 豊章 教授 (京都大学)

研究委員会の概要

本委員会は、コンクリート構造物の設計、施工、維持管理等に関わる技術について調査研究を行うため、毎年講演会・現場見学会等を開催し、各団体での取り組み事例の報告などの活動を行ってきている。

平成30年度活動内容

平成30年度は、7月に技術講演会を開催し、11月に現場見学会を実施しました。

第1回委員会 技術講演会

日時平成30年7月27日(金)13:30~16:45
場所 大阪市立大学文化交流センターホール
参加 37名

講演会では、「コンクリート構造物の予防保全・補修・補強に関する材料の研究開発」をテーマに、耐久性向上の取組み事例や新材料の開発などについて5講演行われました。

講演1
JR西日本における表面被覆工法の耐久性向上に関する取組み

西日本旅客鉄道㈱  渡辺 佳彦 氏

講演2
電気化学的防食工法の最近動向

三井住友建設㈱   佐々木 亘 氏

講演3
微生物を利用したコンクリートの補修技術

愛媛大学大学院   河合 慶有 氏

講演4
世界最高強度を発現するPFC(無孔性コンクリート)の開発と補修・補強に対する適用

太平洋セメント㈱  河野 克哉 氏

講演5
インフラ老朽化対策に向けた新材料の開発

積水化学工業㈱   刈茅 孝一 氏

第2回委員会 現場見学会

日時平成30年11月28日(木)13:00~17:30
場所 大阪高速鉄道㈱(大阪府吹田市)において、大阪北部地震による大阪モノレールの被災と復旧状況についての講義とあわせてモノレール建設当初の映像視聴や車両基地の見学会を開催しました。
参加 20名

調査・研究