|ホーム|お問い合わせ(メール)| ホーム>調査・研究>舗装調査研究委員会

関西道路研究会タイトル

舗装調査研究委員会
委員長

吉田 信之
(神戸大学准教授)



研究委員会の概要と
平成25年度の活動内容
 本委員会では、道路舗装に関する様々な課題、最新技術についての調査研究を行い、最新技術の普及ならびに知識の向上を図るために講演会を開催しています。また、委員会ではアンケート形式による講演テーマのリクエストを実施しています。
 平成25年度は、9月と2月に社団法人土木学会のCPDプログラム認定を受けた技術講演会を開催し多くの方に参加いただきました。
 9月の第1回技術講演会では、アンケート結果を踏まえ道路舗装の損傷状態を把握する維持管理システムや舗装の長寿化に寄与する最新の舗装技術・工法について講演を行いました。
 また、2月の第2回技術講演会では、委員会活動のさらなる活性化のために講演者を募集し、第1回技術講演会に引き続き維持管理や長寿命化をテーマとした講演を行いました。
 今後もアンケートや講演者募集等を通じて、会員の皆様とともに委員会活動を推進していきます。



第1回技術講演会
平成25年9月13日
(大阪市立大学文化交流センター)
「IRIを取り入れた道路管理画像システム」
 西日本高速道路エンジニアリング中国
 土木事業本部調査設計部調査設計第三課 課長 奥谷 敏雄 氏
「再生加熱アスファルト混合物による表面処理工法」
  鰍mIPPO 関西支店
  関西試験所 係長 江崎 耕太 氏
「常温系補修材料の紹介と施工事例など」
  ニチレキ
  関西支店技術課 課長 森橋洋行 氏
「重交通道路におけるポーラスコンクリートの施工事例」
  鹿島道路滑ヨ西支店
  技術試験所 所長 森 重和 


第2回技術講演会
平成26年2月4日
(大阪市立大学文化交流センター)
 
「HR路面補修システム
  ヒートロック工業株式会社開発事業部
  営業課長代理 江本 聖志郎 氏 相馬 一郎 氏
  「高品質・高耐久の舗装版 高強度PRC版」
    梶@ガイアートTK関西支店営業部 技術部
  営業課長 西川 慎一 氏
「SFRC舗装による鋼床版補強対策について〜鹿島道路の取り組み〜」
  鹿島道路叶カ産技術本部技術部
  技術第一課長  山下 雄史 氏
「長寿命化を目指したエポキシアスファルト混合物」
  日本道路葛Z術研究所第二研究室
  主任研究員 徳光 克也 氏

copyright(c)2006 KANSAI ROAD STUDY ASSOCIATION.All rights reserved.